歯並びが気になるなら審美歯科がおすすめ

前歯の歯並びが悪いと、気になって思いっきり笑えないという悩みを抱えている人がいたり、口元を手で隠してしまいがちです。
もしも歯並びが気になるというのであれば、審美歯科の治療を受けてみるといいでしょう。

審美歯科は、一般歯科と違って口の中に何かトラブルがあるわけではなくても、美しい見た目のために治療を受けることができます。
歯並びの他にも、白い歯にしたいなどの美観的な歯の見た目の治療も行われていますが、歯列矯正のための治療としてはブラケットでの矯正や被せ物をするなどの方法があります。

ブラケットによる矯正は、自分の歯をそのまま活かすことができるというメリットがあります。
ブラケットにもさまざまな種類があり、予算を抑えたいという場合にはメタルブラケットが向いていますが、歯の表面に器具を接着するものが金属製でもあるので、銀色に目立ってしまいがちです。
プラスチック樹脂やセラミックのブラケットであれば、透明もしくは白になるので他の人に口元を見られても目立ち過ぎることもありません。

ブラケットによる矯正は、歯を正しい場所に動かすことから治療が完了するまでには時間がかかることになり、専門の技術を持った医師がいる歯科クリニックに何年も通い続けなければなりません。
治療が完了するまでには機具が装着されていることから、歯並びが悪いことと同じように目立ってしまうという悩みも出てきます。
短期間で完了して仕上がりも自然な審美歯科の治療として、被せ物があります。

セラミッククラウンは、セラミックを歯に被せる方法となります。
歯並びが悪い自分の歯は根元を残した状態で削られ、その上からセラミックの義歯を取り付けることになります。
早くできるという手軽さがあり、もともと自分の歯であったかのように自然な形や色で違和感がありません。
被せ物には、銀歯や硬質レジン冠などの保険適用内の治療もありますが、不自然さからどうしても違和感が出てしまいます。
しかし、セラミックは人間の歯のような質感があり、適度な透明感もあることから自然になじみます。

これ以外にも、日々進化し続ける歯科技術の発展によってさまざまな治療方法もあります。
審美歯科治療は、保険適用外であることから高額な費用が必要になるため、いきなり治療を行わずにしっかりとカウンセリングを行った後に治療が進められることが大半です。
自分に合った方法に悩んでいるのなら、カウンセリング相談から始めてみるといいでしょう。