矯正歯科でできるインビザラインという歯列矯正

矯正歯科では、叢生や上下の顎の前突といったいろいろなタイプの不正咬合・歯並びや噛み合わせの異常を治療しています。
歯並びや噛み合わせの治療が歯列矯正治療です。

歯列矯正治療を受ける方の多くは、その理由として見た目をきれいにしたい・口元を気にするコンプレックスから解放されて自然に笑いたいということをあげています。
歯列矯正治療では、装置を使って歯や顎の骨に力を掛けて少しずつ動かすのが一般的です。

歯列矯正の治療中、装置が目立つことに抵抗を感じる方がいます。
特に成人の方で、接客業に就いているなどの理由で目立つ装置を長期間着ける歯列矯正治療をためらっている方が多いようです。
矯正歯科では、こうした歯列矯正治療中の審美性にこだわる患者さんも安心してきれいになれる治療を受けられるよう目立たない歯列矯正治療を行っています。

目立たない矯正にはいくつかの方法があり、インビザラインはそのひとつです。
インビザライン治療では、マウスピース型の矯正装置を使います。
マウスピースは透明な樹脂でできているので、装着していることを他人に知られにくいのが特徴で、目立つ歯列矯正に抵抗のある方に大変人気です。

インビザラインのマウスピース装置は、患者さんが自分で簡単に着脱できます。
矯正歯科では毎日のマウスピースの装着時間を指示しますのでそれを守るのが大前提ですが、食事の時には外して普段通り食べることを楽しめますし治療前と同じようにデンタルフロスや歯間ブラシを使った歯磨きも可能です。
歯列矯正の治療中は装置を着けていることで歯磨きがしにくくなり虫歯のリスクが上がってしまい定期的に矯正歯科でのクリーニングが必要です。
普段通りの歯磨きができるインビザライン矯正ならクリーニングのための通院が少なくてすみます。
マウスピースそのものも、ブラシなどで直に洗うことができ衛生的に使えます。
元々目立たない装置で発声への影響も少ないマウスピースですが、人と会うなど特別な時には外せますのでより安心です。

インビザライン治療で使うマウスピースは、矯正歯科医が設計しオーダーメイドで作られます。
マウスピースを着けることで力が掛かり、歯を少しずつ動かしていくのがインビザライン矯正の仕組みです。
マウスピースは、複数作られます。
歯列矯正治療の進行に合わせて付け替えていくためです。
この時、ひとつのマウスピースを使って動かすことのできる歯の移動距離には上限が設定されています。
この上限により強い力がかかり過ぎない設計になっていますから、インビザライン矯正では他の装置を使った治療に比べて痛みが少ないのも大きな特徴です。